キーボード

ゲーミングキーボード「HyperX Alloy FPS RGB」をレビュー!

こんにちは。
最近、ゲーミングキーボードの「HyperX Alloy FPS RGB」を購入しましたのでレビューしたいと思います。

HyperX Alloy FPS RGBについて

HyperXはアメリカに本社を置く「キングストンテクノロジー」のゲーミングブランドです。ご存知の方も多いでしょう。

Alloy FPS RGBは2018年9月11日に発売されたメカニカルキーボードです。


まずは外箱です。内容物はキーボード本体、USBケーブル×1、取扱説明書となっています。


キーボードの外観はこんな感じです。キーにRGBバックライトが搭載されているため非常に綺麗です。このバックライトは3種類の発光パターンのプリセットがあり、自分でカスタマイズすることも可能です。

個人的にはかなり気に入っている見た目です。

機能面では、オンボードメモリに3つのプロファイルを設定することが可能で、自分の好みに合わせてカスタマイズすることができます。
その他、詳細なカスタマイズは専用ソフト「HyperX NGenuity」で行います。


キーボード上面には端子が2つあり、写真右側はPCとの接続端子で、取り外し可能となっているため使い勝手がとても良いです。
左側のUSB端子は充電ポートとなっています。

Kailh Silver Speedキースイッチ


キースイッチは「Kailh Silver Speed」を採用しています。
これにより、7000万回の入力に耐えることが可能です。(そんなに打つ前に買い換えると思いますが(´・ω・`)
また、アクチュエーションポイントが1.1mmとなっており、キーの反応速度が他のキーボードよりも速いです。

アクチュエーションポイントとは

アクチュエーションポイントはキーを押した際の作動点のことで、このキーボードでいうとキーを1.1mm押したときにそのキーが反応します。
一般的なゲーミングキーボードは2mm程度となっているので、1.1mmは相当浅いです。

使ってみた感想

実際に使ってみましたが、使い勝手もさることながら見た目も非常に気に入っています。

アクチュエーションポイントが浅いので、キーの押し間違いがあるかなぁと思っていましたが、実際は全然そんなことは全くありませんでした。打鍵感も良い感じです。

注意点としては、このキーボードはUS配列のため、普段使いするには慣れが必要な点です。
これからゲーミングキーボードが欲しいという方は、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です